もしあなたが、英語が苦手なことに劣等感を持っているなら、

どうぞその劣等感を手放してください。

 

それはあなたの責任ではありません。

もしあなたが、英語が好きなのにリスニングやスピーキングが。。。と壁にぶつかっているのなら、

 

大丈夫です。

すぐに乗り越えられます。

 

なぜなら、その壁はあなたの責任でそこに存在しているのではないのですから。

 

あなたの心が解放されれば、すぐに乗り越えられます。

何をお伝えたいしたいのかと言うと、

多くの日本人が英語にコンプレックスを感じている理由は、

個人の英語学習への努力が足りなかったからではなく、

戦後から現在に続く日本の英語教育で、

英語習得に不可欠な「音の基礎ルール」を教えてもらってなかったからなのです。

 

英語の「音の基礎ルール」を教わらず、

難しい文法や単語や長文を詰め込むように学習させられたのですから、

英語習得が困難で当たり前なのです

この状況は、

野球選手が、教科書で野球の仕方を学習し、

実際に身体ではバットの握り方やボールのとり方等の基礎を教わらず、

日々の体感トレーニングもせずに、

いきなり試合に出場させられるのと同じようなものなのです。

試合を楽しむよりも、ストレスが多い状況になるのは仕方ないのです。

そして失敗したら、自信がなくなったり劣等感を持ったり。

その状況が続くと、

よほど野球への思いが強くない限り、野球へのコンプレックスが強くなって仕方ないのです。

言語習得には、四技能が不可欠といわれています。

 

読む

書く

③聞く

④話す

 

①読むと②書くは、教科書を使って学習し、「単語」(文字の固まり)の情報やルールをインプットすれば習得できる技能です。

しかし、

「耳」と「口」を使う③聞くと④話すは、「音」の情報やルールをインプットしていないと、習得するのは大変難しくてアウトプットできないのです。

私達日本人は、「単語」(文字の固まり)の情報やルールは多く教わってきたのですが、

「音」の情報は「基礎ルール」でさえも教えてもらっていないのです。

その上、英語を習得するうえでは「文字と音の関係」の情報が不可欠であるのに、

その情報も、多くの日本人は教えてもらわずに英語学習に何年も取り組んできたのです。

 

なので、多くの日本人は、

6年間も英語を学習していたにも関わらず、

英語が全く話せないという不自然な状況に追いやられているのです。

この状況は、

英語習得に必要な技能の半分しか教えてもらってないのですから、仕方のないことなのです。

教科としての英語が好きになれず英語ブロックができてしまった方も、

学校で一生懸命勉強したけど英語が話せないことにコンプレックスを感じている方も、

 

そこには外部的原因があるのです。

なので、もし、あなたが望むなら、

そのブロックやコンプレックスを外すことは可能なのです。

それは難しいことでもありません。

ただ学校では教えてもらえなかった英語の「音」の基礎ルールを学び(インプット)、

それをしっかり活用(アウトプット)すれば良いのです!

大事なのは、2つ!!

英語学習をワクワク楽しむこと

自分を褒めて、自信をもつことです!!!

もしあなたが今、英語に自信を失って壁を感じているのなら、

E+PLACE ENGLISHで、楽しく「音」を基礎ルールから学び、

そのブロックを一緒に外して、どんどん自信をつけてください!!

もしあなたが今、既に英語へのブロックはなく、会話力を上達させたいなら、

E+PLACE ENGLISHでその思いをどんどん表現して、

一緒にワクワクしながら英会話力をレベルアップしてください!!

​どうぞ、

E+PLACE ENGLISHで、

あなたが必要な情報をインプットし、

英語コンプレックスから解放され、

沢山アウトプットし、

飛躍的に英会話力が上達するのを体感してください!!!

E+PLACE ENGLISH & CAFE

275-0002 

千葉県習志野市実籾5-5-14 第2白鳥ビル1F

Tel/Fax: 047-407-4167

MAIL:contact@e-placeenglishcafe.com

2019 created by E-PLACE CORPORATION